店舗内装工事の全体の相場は坪単価30万~50万円程ですが、店舗内装工事の費用は選ぶ物件やオープンする店舗の業種によって大きく変わります。

物件にはスケルトン物件と居抜き物件の2種類があり、それぞれの内装工事の相場は以下の通りです。

スケルトン物件坪単価40万~60万円
居抜き物件坪単価25万~45万円

詳しい物件の違いについては後述しますが、スケルトン物件と居抜き物件は物件の設備に差があるため、価格相場に2倍近い差がありますまた、物件の種類だけでなく、どのような業種なのかによって必要な設備などが異なるため、内装工事費用に差が出ます。

飲食店スケルトン:坪単価40万~80万円
居抜き:坪単価30万~60万円
美容室・エステサロンスケルトン:坪単価40万~70万円
居抜き:坪単価25万~40万円
物販スケルトン:坪単価30万~40万円
居抜き:坪単価25万~30万円

予算には限りがあるため、なぜこのように物件や業種によって相場が異なるのかを理解して、どこを削るのかを判断することが重要です
そこで、この記事では以下の内容を解説しています。

  • 物件の種類で比較する内装工事費用相場
  • 業種別の内装工事費用の坪単価相場
  • 内装工事の設備工事の費用相場
  • 内装工事費用の予算の決め方2STEP
  • 内装工事費用を抑えるためのポイント

内装工事の費用相場

店舗として利用する物件には以下の2種類があります。

・スケルトン物件
・居抜き物件

それぞれ特徴がまったく異なるため、どちらの種類の物件を選ぶかによって費用にも内装デザインにも大きく影響します

まず、それぞれのメリットとデメリットをご覧ください。

物件の種類メリットデメリット
スケルトン物件好きなように内装を造ることができる設備などすべて揃える必要がある
居抜き物件1から内装を造る必要がなく 費用が抑えられる間取りが決められているため あまり内装にこだわれない

このようにデザインと費用のどちらを重視するかによって、選ぶ物件は変わります。

では、スケルトン物件と居抜き物件の内装工事の坪単価と、それぞれの特徴をさらに詳しく説明していきますので、見てみましょう。

※1坪は約畳2枚分(3.31㎡)で、1坪当たりの内装工事費用を「坪単価」といいます。
坪単価が50万円だった場合、15坪の内装工事を行うと【50万円×15坪=750万円】と計算することができ、750万円の内装工事費用がかかるということです。

1-1.スケルトン物件の費用相場

スケルトン物件とは、コンクリートが打ちっぱなしになっていたり、配管がむき出しになっている状態の物件です。飲食店や美容室など必要な設備が多い場合は設備も1から準備する必要があるため、その分費用は高めになります

スケルトン物件の坪単価相場は約40~60万円程ですが、ネイルサロンなどの水道や電気設備があまり必要ない業種であれば、設備工事を行う箇所が少なく、スケルトン物件でも坪単価を抑えることが可能です。

1-2.居抜き物件の費用相場

居抜き物件とは、以前入っていたテナントが使用していた設備や什器、家具などが残ったままになっている物件です。

残っている内装や設備をそのまま利用することができれば大幅に費用を抑えることができるため、坪単価相場は約25~45万円程となります。

しかし、業種が違う居抜き物件は撤去費用が必要になったり、間取りを大きく変更する場合はその分費用が高額になるため、居抜き物件を選ぶ場合は間取りに問題ないかなど慎重に検討する必要があるでしょう

居抜き物件の内装工事坪単価に大きく影響する「設備工事」

店舗の内装工事は、以下のような工事を行います。

天井仕上げ工事天井下地に石膏ボードを直貼りし、その上に天井の仕上げを施す工事
壁張り工事壁の下地にクロスやタイルなどを貼り付ける工事
間仕切り工事店舗の室内を仕切る壁を設置する工事
床仕上げ工事フローリング・タイル・クッションフロア・カーペットなどの床仕上げ材を張る工事
畳張り工事和食店など畳が必要な店舗に畳を設置したり古い畳の張り替えを行う工事
ふすま工事ふすまの交換やふすま紙の張り替えを行う工事
家具工事工場で作られた家具の搬入・組立・設置をする工事
防音工事店舗周辺の騒音レベルの調査を行い、周辺の規制基準を基にして対策目標値の設定を行い防音を施す工事

一般的な住宅などに行う内装工事は上記のような内容で
店舗内装工事の場合はさらに次のような設備工事も必要です。

電気工事コンセント・スイッチ・照明の取り付け・配線工事や、電圧変更の幹線引き換えを行う工事
水道工事水道管の設置工事
ガス工事ガスの配管設置や、配管の延伸工事
空調工事空調設備と室外機の設置工事
給排気工事排煙設備などのキッチンや室内換気のための工事

居抜き物件の場合はどれだけ電気や水道などの設備が残っているかで、設備工事の金額が大幅に変わります。そのため、居抜き物件を選ぶ際に足りない設備についてどのくらいの設備工事費用がかかるのか把握をしないと内装工事にかかる費用の金額を見積もることができません。