消防法

意外に見落としがちな消防法...

 

昨今は火災によるビル・店舗などの大型被害が相次いでいます。 この様な事から最近消防法もその規定がかなり厳しくなってきました。新築については問題ありませんが 年数を経た建物については、防災に向けた改善指導や命令も出されています。特に不特定多数の人間が集まる店舗ビル等にはその性質上かなり厳しい指導があります。

 

1.防火扉の増設(金属性・耐火性能要)

 

昨今のテナントビルは1区画をさらに分けて(当初の計画外)営業するため、避難口が不足し 新たにそれを設けないと法規上通らない。特に飲食店等の火気を使う業種には厳しい指導があります。

 

2.排煙窓の増設(開口面積に基準あり)

 

火災時の死亡原因の殆どがその煙によるものです。通路を除く店舗等の1区画の敷地面積に対し2パーセントの開口窓(標準)が義務づけられています。

 

3.防火シャッターの増設

 

法規上火災時に自動で閉まり、その区画を遮断するものですが勿論シャッター等は建築当初から 設計上建物に組み込まれているものです。数十年を経たビルなど・・・増設可能であれば良いですが、物件を契約する前にきちんと調べる必要があります。

 

 

また、居抜き物件だから安心と思われてるオーナー様が多いですが、営業後の改装や棚等の造作の増築などで基準に満たしていない場合も実際には多くあります。スプリンクラーの設置や、店舗の階数によって防災カーテンの使用も義務付けられたりするので事前に専門家の確認が必要です。

 

しかしながら、地域事にも法令は変わってきますし、開業業種、物件予定地によっても基準は変わってきますすから、素人判断は中々難しいものになるはずです。

 

当サイトに加盟してる店舗作り専門の業者様なら、事前に法令に問題ないかの確認、問題があった場合の代替え案や様々なノウハウがあり、最適なアドバイスを受ける事が出来ます。 ご心配な点がありましたら、当サイト経由で気軽に業者様へご相談される事をお勧めいたします。

 

店舗内装工事業者へ一括見積り

まずは、資料請求をして下さい

それから、じっくりと店舗内装工事の提案や見積もりを比較してみて下さい。もちろん資料請求から、サイトの利用、店舗工事業者さんからの提案まですべて無料です。
また匿名で業者さんから提案が受けられますので、しつこい営業を受ける心配もありません。

資料をご覧いただき、あなたのお店を「繁盛店」にする計画を立てましょう。
あなたの大事なお店が、行列の絶えない繁盛店になる日を、
店舗内装見積り.COMは心より応援致します。

↑で【店舗内装見積もり.COM】を簡単にブックマーク出来ます。

施工事例


トップページ 無料見積りの流れ よくあるご質問 お問合わせ