失敗しない物件契約

契約前に今一度下記内容をチェックし直して下さい。

 

開業計画は明確か?

 

今一度契約前に、開業計画書を見つめ直して頂き、勝算が見込めたならいざ契約へと進みましょう。

 

開業地域、立地で勝負出来そうか?

 

十分なリサーチを繰り返しましたか?

 

勝算が見込めたならいざ契約へと進みましょう。

 

 

契約する店舗物件は、開業に適していますか?

 

契約前に今一度下記内容をチェックし直して下さい。

 

 電気容量のチェック!

 

店舗部分の容量が不足している場合は、ビル全体の自家発電(キューピクル)から幹線の引き直し、自家発電自体の容量が不足している場合は、自家発電の交換が必要となります。いずれも多額な費用が発生致します。又、1階店舗の場合は電柱から直接引き込みが可能の場合もあります。

 

 ガス容量のチェック!

 

ビル自体の容量が不足している場合は、ビル全体のガス管を引き直しが必要です。工事中はビル全体のガスが使用できなくなる為、他のテナントとの調整、ガス管の経路、工事日数の確認が必要です。

 

 給水のチェック!

 

店舗使用の場合は、業種にもよりますが、15mm以上の配管が必要です。又、水道管が受水槽経由の場合は、1年以内の水質検査表が必要になります。

 

 排水のチェック!

 

地下店舗の場合は排水ポンプが設置されていることが多く、メンテナンス費用負担の発生を予め確認が必要です。

 

 排気経路のチェック!

 

開業後、近隣又は上階テナントから一番トラブルが多いのが臭いの問題です。屋上まで排気ダクトを上げることが無難ですが、費用も多額に発生する為、貸主とも入念の確認が必要です。

 

 空調機のチェック!

 

空調機設置済みの際は、メンテナンス費用を貸主か借主、いずれかが負担するか確認が必要です。室外機を屋上へ設置する場合は、設置場所及び冷媒管経路の確認が必要です。

 

 看板掲載範囲のチェック!

 

お店はファザード(ファサード)「顔」が重要です。契約締結前に掲載可能範囲を貸主と打ち合わせが必要です。

 

 置き看板位置のチェック!

 

基本的に道路については、貸主の関知することではありません。貸主や、不動産仲介会社からは建物敷地内の置き看板の設置に関しては言えますが、道路にはみ出しての置き看板については「道路交通法に違反」するため、許可等はできません。貸主意向、町内会の取り決め等、予め確認が必要です。又、飲食ビル等の場合、置き看板の位置が暗黙にて決まっている場合がありますので契約前によく確認する必要があります。

 

 ゴミ置場のチェック!

 

予めゴミ置き場の有無や廃棄方法の確認が必要です。又、ビルによりゴミ廃棄業者が指定される場合があります。

 

 居抜き物件の注意点!

 

居抜きの場合は、当然厨房、空調、排気等諸設備一式の確認が必要です。引渡し後故障箇所が発覚しても費用請求はできない契約書が一般的です。その他に売却対象物品を一覧表にし、売却物品を明確にすることが必要です。その際、リース物品、貸与物品の取り扱いを明確にすることが重要です。

 

店舗作りは一生に何度もある事ではありません。

 

今一度上記内容を読み返して頂き、十分な勝算が見込めましたら、いざ契約です!

店舗内装工事業者へ一括見積り

まずは、資料請求をして下さい

それから、じっくりと店舗内装工事の提案や見積もりを比較してみて下さい。もちろん資料請求から、サイトの利用、店舗工事業者さんからの提案まですべて無料です。
また匿名で業者さんから提案が受けられますので、しつこい営業を受ける心配もありません。

資料をご覧いただき、あなたのお店を「繁盛店」にする計画を立てましょう。
あなたの大事なお店が、行列の絶えない繁盛店になる日を、
店舗内装見積り.COMは心より応援致します。

↑で【店舗内装見積もり.COM】を簡単にブックマーク出来ます。

施工事例


トップページ 無料見積りの流れ よくあるご質問 お問合わせ