繁盛店を作るために、良い物件を見つけましょう

新規開業をしようと思ったとき、「物件を探し」から始める人が多くいますが、これでは、必ず失敗しますし、繁盛店を作理上げる為にも、開業計画書作りが大切になってきます。

 

開業計画書のポイントはこちら

店舗のコンセプト・業種業態・ターゲットとする客層を決めたら、物件探しを始めましょう。

 

インターネットでは良い物件は見つかりません

 

不動産業界での通常の流れでは、まずは身内業者の中でお客探しが行われ、そこで契約に至らなかった場合になって始めて、インターネットや雑誌掲載、広告などに掲載されます。 つまり、インターネットでは「残りもの物件」、良い物件に巡り逢う確率は極めて少ないのです。

 

理想的な物件の探し方

 

不動産屋さんの「良い物件」と、数多くの工事をしてきた内装業者さんからみた「良い物件」というのは異るのを知っておきましょう。
もっとも理想的な物件探しは、経験豊富な内装業者に立ち会ってもらい、物件を決めることです。

 

トラブルにならない為に?

 

 

ケース1 必要な設備が足りてなかった

 

「いざ、工事開始... 」 しかし、必要な設備(電気、ガス、水道)が足りなかった為に、一から全てやり直す羽目に... 冗談ではなくて、物件探しの段階で確認不足だった為に、実際にこの様なトラブルはよくあるものなのです。

 

ケース2 解約出来ない

 

イメージ通りの店舗を作ろうと物件を契約したが、大家さんからNGが出てしまった... この様に予めどこまでの範囲で工事が許されているか確認しないで契約すると、「お店はオープン出来ない」、「解約、返金も出来ない」といった悲惨な目に合う事になります。

 

ケース3 設備工事費を頭に入れてなかった

 

実際に工事が進んだ段階で、設備不足の為工事のやり直し、追加料金がドンドン重んでしまったでは目も当てられません。

 

物件を決める際に、最低限チェックをしておきたいポイントを以下に記載します。
ぜひ、参考にしてみてください。

 

▼繁盛店になる物件を見分ける7つのチェック項目

 

 

  1. 坪数・広さはどれくらいか (物件の規模)
  2. 家賃、敷金、契約金、契約期間の内容 (契約条件)
  3. その物件で希望する業種業態が可能か (業種・業態)
  4. 借り手から譲渡されるものがあるのか (居抜きの条件)
  5. ターゲットとする客層に合っているか (集客見込み)
  6. 地域やロケーションはどうか (商圏範囲)
  7. 近所にライバル店舗はあるか (競合チェック)
店舗内装工事業者へ一括見積り

まずは、資料請求をして下さい

それから、じっくりと店舗内装工事の提案や見積もりを比較してみて下さい。もちろん資料請求から、サイトの利用、店舗工事業者さんからの提案まですべて無料です。
また匿名で業者さんから提案が受けられますので、しつこい営業を受ける心配もありません。

資料をご覧いただき、あなたのお店を「繁盛店」にする計画を立てましょう。
あなたの大事なお店が、行列の絶えない繁盛店になる日を、
店舗内装見積り.COMは心より応援致します。

↑で【店舗内装見積もり.COM】を簡単にブックマーク出来ます。

施工事例


トップページ 無料見積りの流れ よくあるご質問 お問合わせ